天神さま、見てますか?「クローン梅」が咲きました 北野天満宮

北村有樹子
[PR]

 梅の名所で知られる北野天満宮京都市上京区)は4日、本殿前にある御神木の梅をクローン技術で組織培養した梅が、花を咲かせたと発表した。この手法で梅が開花したのは世界で初めてという。

 咲いたのは1輪のみ。濃いピンク色だ。境内の「花の庭」に5本の「クローン梅」が植えられていて、最もよく育っている高さ3メートル近い木のものだ。この木やほかの木にもさらに複数のつぼみがあり、今月中に開花しそうだという。

 北野天満宮の祭神・菅原道真には、左遷先の大宰府(いまの福岡県)へ京都から梅が飛来して根を下ろしたという「飛梅(とびうめ)伝説」がある。その梅と同じ種と伝わるのが本殿前の御神木だ。品種名は「摩耶紅梅(まやこうばい)」。花は毎年咲くが、年々色が薄まり、老化が目立つ。

 そこで2009年から住友林業の協力を得て御神木の組織培養に取り組み、15年に苗木6本の増殖に成功していた。うち5本を境内に植えて、残り1本は同社で研究を続けている。研究で御神木が樹齢約350~400年であることも分かったという。

 権禰宜(ごんねぎ)の東川楠彦さんは「神社にとって一番大事な梅の木が後世に長く伝えられることになり、うれしい。他の梅の保護にも役立てたい」と話す。(北村有樹子)