原発への攻撃、もし電源が失われたら… 専門家が指摘する欧州の危機

有料会員記事ウクライナ情勢

牧野愛博
[PR]

 ウクライナのクレバ外相は4日、ウクライナ南部にある欧州最大級の原子力発電所、ザポリージャ原発について、ロシア軍の攻撃により出火したとツイッターに投稿した。日本エネルギー経済研究所の黒木昭弘研究顧問は原発への攻撃の場合、「電源の喪失」を最も懸念することに挙げる。仮に電源が失われれば、「欧州全体が放射能の被害を受ける恐れがある」と指摘する。

 黒木氏は「原子炉格納容器は頑丈で、簡単には破壊されないだろう」という。ただ、「付近にある放射線廃棄物の貯蔵庫は薄いコンクリートで覆われている程度だ」と語る。放射性廃棄物の貯蔵庫が破壊された場合の被害は周辺地域にとどまるという。

 その上で、「一番重要なのは…

この記事は有料会員記事です。残り740文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら