ユニクロ、ウクライナ避難民支援に11億円寄付 ヒートテックも寄贈

山下裕志
[PR]

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは4日、ウクライナ侵攻による避難民を支援するため、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に1千万ドル(約11億5千万円)を寄付すると発表した。避難所の設置や救援物資の配布に充てられるという。

 寄付金とは別に衣料品も届ける。保温性の高い「ヒートテック」素材の毛布や下着のほか、日本国内の店頭で回収した防寒着など計約20万点を、UNHCRと協力して避難先のポーランドなどに送る予定だ。

 同社は2006年から難民らの支援に取り組み、回収した衣料品を寄贈したり、雇用したりしてきた。11年にはアジアの企業として初めて、UNHCRと「グローバルパートナーシップ」を締結したという。(山下裕志)