よしもと祇園花月で本公演中に煙 客ら80人以上が避難

[PR]

 4日午後1時35分ごろ、京都市東山区祇園町北側の「よしもと祇園花月」で、劇場スタッフから「舞台裏の電気配線から煙が出ている」と119番通報があった。

 京都市消防局によると、当時は公演中で、客54人や芸人10人、ほか従業員22人が消防の誘導で劇場の外に避難した。従業員2人が、煙を吸い込んだり、避難時に転倒したりして軽傷だという。京都府警東山署によると、たこ足配線のコードが3メートルほど焦げていたという。

 吉本興業のホームページによると、ぼやは同日正午開演の本公演中だった。この日予定していた2回目の本公演と特別公演は中止にしたとしている。