離島の県立校・大島、関東王者の明秀日立に挑む 春の選抜高校野球

[PR]

 第94回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が4日、オンライン形式であり、出場32校の対戦相手が決まった。新型コロナウイルスの感染状況を踏まえて、昨年に続いて、各校の主将らが自校からリモートで参加してくじを引いた。開会式の選手宣誓は、大会初日に登場する6校による抽選で、倉敷工の福島貫太主将に決まった。

 開幕試合では21世紀枠で初出場の大分舞鶴が浦和学院埼玉)と対戦。昨秋の明治神宮大会優勝の大阪桐蔭は鳴門(徳島)と顔を合わせる。大会は18日に開幕し、休養日2日も含めて13日間の日程。

離島から甲子園へ 鹿児島・大島

 大会屈指の左腕大野稼頭央を擁する大島が関東王者の明秀日立に挑む。

 大島は鹿児島県奄美大島にある県立校。昨秋の公式戦9試合を完投した大野の投手力を柱に、8年ぶりの選抜出場をつかんだ。主将の武田涼雅はエースに「すごく頼りがいがある」と信頼を寄せる。対する明秀日立の主将、石川ケニーは「粘り強い攻撃をみせていけたら」。関東大会3試合で39安打、25得点を挙げた打力で立ちはだかる。