被災農家の再建に、新規就農の夢に…「アスパラガスで挑戦」広がる

有料会員記事

伊藤隆太郎
[PR]

 豪雨で被災した農家の再建や、新しく農業を始める人の足がかりに注目されている作物がある。一度植えれば長期間繰り返し収穫でき、価格も安定しているアスパラガスだ。失敗のリスクが低く、初心者にも適しているとされ、経験者は「努力すれば、しっかり見返りがある」と語る。新規就農者を励ます「希望の光」として期待は大きい。

 2017年7月、九州北部豪雨に見舞われた福岡県朝倉市杷木(はき)地域。県特産のイチゴ「あまおう」を育てていた農業金子耕三さん(65)は「500坪のイチゴ畑を大雨で失った」。

 自慢のブランドが消失し、一時は廃業も考えた。だが、増改築した自宅の借金もあり、再起に挑む決意をした。選んだのがアスパラだった。

 多年生のアスパラは、いった…

この記事は有料会員記事です。残り1832文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら