北京パラリンピック、戦時下の幕開け 「平和の祭典」脅かされる理念

有料会員記事

北京=藤田絢子
[PR]

 ロシアのウクライナへの軍事侵攻が激しさを増す中、北京冬季パラリンピックが4日、幕を開けた。ウクライナの選手は当初の予定通り全20人が出場。北京入りしていたロシアとベラルーシの選手は、出場が認められなかった。

 ウクライナの選手にとっては、不安を抱えながらの大会になる。代表最年長のビタリー・ルキアネンコ選手(43)は、母国にいる妻と娘と連絡が途絶えたという。「家族に何が起こったのか非常に心配している」と同国パラリンピック委員会の広報担当が明かした。首都キエフから避難する車の渋滞がひどく、通常なら車で約7時間で着く場所まで、30時間かかった人もいるという。

 パラリンピックは1948年、第2次世界大戦の負傷兵を受け入れていた英ロンドン郊外のストーク・マンデビル病院で実施された競技会が始まりだ。脊髄(せきずい)に損傷を負った兵士のリハビリテーションを起源とする大会は、多様性を認め合い、誰もが個性や能力を公正に発揮できるよう願いがこめられた「平和の祭典」に発展した。

 今、その理念が脅かされている。昨年12月にロシアを含む173カ国が共同で提案し、国連で採択された「五輪休戦決議」は守られなかった。国際パラリンピック委員会(IPC)は2日、ロシアとベラルーシの選手について、個人資格となる「中立」の立場での出場を認めたが、翌3日に撤回に追い込まれた。両国の選手にとって、国の責任を個人で負う形となった。

 IPCのアンドリュー・パー…

この記事は有料会員記事です。残り194文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら