SMBC日興証券の役員ら4人逮捕、相場操縦の疑い 東京地検特捜部

[PR]

 株価を維持する目的で不正な取引を繰り返したとして、東京地検特捜部は4日、SMBC日興証券(東京都千代田区)の専務執行役員でエクイティ本部の本部長ヒル・トレボー・アロン容疑者(51)ら4人を金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で逮捕し、発表した。本社に家宅捜索も入った。大手証券が同容疑で刑事責任を問われるのは極めて異例。

 ほかに逮捕されたのは、執行役員で同本部の副本部長アヴァキャンツ・アレクサンドル(44)、同本部のエクイティ部部長・山田誠(44)、同本部のエクイティ・プロダクト・ソリューション部部長・岡崎真一郎(56)の3容疑者。関係者によると逮捕前の任意聴取に「通常の業務の範囲内だった」などと違法性を否定したとされる。

 特捜部の発表などによると、2019年12月~20年11月、東証1部上場の5銘柄について、市場が閉まる直前に指し値で買い注文を大量に入れるなどして、終値が前日よりも大幅に下落しないよう安定させる操作をした疑いがあるという。

 これらの銘柄はSMBC日興が扱う「ブロックオファー」取引の対象だった。同取引では、大株主から売却の意向があった株を市場外で買い取って顧客に売り出す。売買価格は取引予定日の市場の終値を基準に決まり、SMBC日興は差益を得る。

 4人は市場で値崩れして大株主が売却を撤回しないよう、前日の終値程度を目標価格に設定し、自社資金で買い支えていたという。

 この事件では証券取引等監視委員会が昨年6月にSMBC日興本社を強制調査していた。