振り子特急と「北の国から」に登場のキハ40系、十勝・釧路から引退

有料会員記事

中沢滋人
[PR]

 JR北海道の3月12日のダイヤ改定で、十勝・釧路地方の根室線沿線で長らく親しまれた名物車両が姿を消す。

 20年以上にわたって、札幌と釧路を結ぶ特急車両として活躍したキハ283系が引退するほか、国鉄時代から走り続け、「北の国から」にも登場した普通列車用キハ40系が、定期運用を離れる。沿線には道外からも鉄道ファンが訪れ、最後の雄姿をカメラに収めている。

 キハ283系は「スーパーおおぞら」用として、1997年デビュー。「振り子機構」と呼ばれるカーブで車体を傾ける装置などを備え、曲線通過時の最高速度を高めることで、札幌―釧路間の所要時間を45分も短縮した。

 しかし、2011年に起きた石勝線脱線事故を機に、JR北が特急の高速化路線から転換したことや、車体の傷みが進んでいることもあり、速度より費用対効果に優れた新型のキハ261系に交代が進んでいた。

 3月1日午前9時ごろ、芽室…

この記事は有料会員記事です。残り1316文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら