対ウクライナ防弾チョッキ提供は「武器輸出」 共産・田村氏「反対」

ウクライナ情勢共産

横山翼
[PR]

 ロシアによる侵攻が続くウクライナに日本政府が自衛隊の防弾チョッキを提供する方針を決めたことについて、共産党の田村智子政策委員長は5日の記者会見で、「賛成できない」と反対する立場を表明した。4日の会見では「人道支援としてできることは、すべてやるべきだ。この場で反対と表明するようなことは考えてない」との考えを示していたが、訂正した。

 5日の会見は緊急で開かれ、田村氏は「私の発言が不正確だった。発言を訂正し、党としての見解を述べたい」と説明。「ウクライナへの支援は非軍事の支援に全力を挙げるべきだ」と語った。

 政府は防衛装備品の提供が禁止されている「紛争当事国」にウクライナは当たらないと判断しているが、田村氏は「客観的に紛争当事国だ」と強調。「防弾チョッキであっても防衛装備品の供与は、わが党が反対してきた武器輸出にあたる。今回の政府の決定は、紛争当事国への供与になる」と述べた。(横山翼)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント