第3回「僕たちは愛し合ってる」偽装婚のウソやめ そして渡した真実の指輪

有料会員記事

北京=高田正幸
[PR]

 中国の性的マイノリティーを取材していて、何度も聞いた言葉がある。

 「最も悩むのは、一番身近にいる、家族との関係だ」

 2021年12月、広東省深圳市のレストランで会った李さん(44)=仮名=もそう考える一人だった。ゲイである自分と「家族」の関係について考え続けてきた。

 李さんは2010年、結婚したことがある。相手はレズビアンの女性だった。

 別に愛があったわけではない、という。

【連載】虹をかけたくて 中国のLGBTQのいま

中国に7千万人いると言われる性的マイノリティーたちがいま、激しい批判にさらされています。なぜ、多様な性が受け入れられないのか。攻撃される人、そして攻撃する人を、記者が訪ねました。

 上海市の小さなホテルでの挙式だった。李さんは「新郎」として、銀色のタキシードをまとっていた。

 友人たちは中国の伝統楽器「古筝(こそう)」によるあでやかな演奏を披露してくれていた。大ぶりのネックレスで着飾った「新婦」の女性は、200人もの招待客に笑顔を振りまいていた。

 そんな様子を見て、李さんの両親は、満足そうにほほえみを浮かべていたという。

儒教の影響 子の結婚は一族の問題

 「親をだますための偽装婚だよ。中国の性的マイノリティーの間では珍しくないことだ」。李さんはあっけらかんとした表情でそう私に語った。

 李さんの本当の恋人は、その場にいた。「介添人」としてスーツ姿で李さんの脇に立っていた、王さん(36)=仮名=だ。

 中国の結婚式では、招待客が…

この記事は有料会員記事です。残り2777文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]

連載虹をかけたくて 中国のLGBTQはいま(全3回)

この連載の一覧を見る