「エサ」を供給し続ける未除染の森 原発事故で川魚に出荷制限今も

有料会員記事

福地慶太郎 滝口信之
[PR]

 東京電力福島第一原発から北に30キロ。かつてアユ釣りでにぎわった福島県南相馬市の真野川沿いに、色あせた看板が立っている。

 《規制解除にはなっていません 採捕等の行為はしない様お願いします》。釣り人に向けた看板は、原発事故後、地元・真野川漁協が川沿いの約50カ所に立てたものだ。

 真野川では事故直後、国の放射性物質の基準濃度を超える1キロあたり2100~3300ベクレルのアユやウグイ、ヤマメが見つかった。出荷制限と釣り自粛の呼びかけが続き、遠方からも訪れていた釣り客の姿は、今はみられない。同漁協理事で釣具店を営む森幸春さん(60)は11年近くにおよぶ出荷制限について、「『生きている間はもう釣りはできねえか』と言う人もいる」と明かす。自身の店も売り上げが激減。市内や周辺では閉める釣具店が相次いだ。

 環境省が毎年続けるサンプル調査では、真野川の魚の放射性物質濃度は徐々に下がっているものの、昨年度も基準を超えるヤマメなどが見つかった。制限解除のめどは立たないままだ。

 それでも、同漁協は事故の2年後からアユなどの放流を毎年続けている。川魚のほとんどは1年で一生を終える「1年魚」であるため、「魚を枯渇させてはいけない」との思いからだ。出荷制限の長期化を心配する声も少なくなく、森さんは「若い人たちに川釣りを引き継げなかった。この先、釣り人はかなり減るんじゃないか」という。

 原発事故で大量の放射性物質が海に飛散するなどした影響で、青森から茨城まで5県の海産物に出荷制限がかかり、福島県沖はヒラメやスズキなど最大43魚種に出荷制限がかかった。ただ、海では放射性物質が拡散しやすく、基準値を超える魚の割合は年々低下。安全が確認された魚から徐々に出荷制限が解除され、2020年2月にはいったん出荷制限がなくなった。現在は福島県沖のクロソイにだけ出荷制限がかかっている。

 だが、河川や湖については、いまだ出荷制限が続き、その数は福島、宮城、茨城、群馬、千葉の5県、25カ所におよぶ。なぜ解除の見通しが立たないのか。背景には、除染されず、放射性物質の残された森林から始まる食物連鎖があった。福地慶太郎

 原発事故による川魚の出荷制限は、福島だけでなく、近隣の宮城、茨城、群馬、千葉の計5県、25の河川・湖沼におよぶ。

 東京電力福島第一原発から南西約200キロ。群馬県西部の吾妻川の一部では、イワナとヤマメの出荷制限が続いている。県によると、風向きや地形の影響からか、原発事故直後に線量が高めだった地域が川の周辺にあり、影響が長引いているとみられる。

 県の検査では、2020年に…

この記事は有料会員記事です。残り1802文字有料会員になると続きをお読みいただけます。