ふるさと納税の返礼品に核シェルター「防災の備えに」 茨城・結城市

有料会員記事

河合博司
[PR]

 家庭用の防災核シェルターが、茨城県結城市ふるさと納税の返礼品に採用された。つくったのは、同市の板金加工製造会社。日本は核災害への危機意識が低いと考え、7年かけて商品化した。ふるさと納税の寄付金額は2090万円と高額だが、市は「技術力や防災への備えのPRになる」と意気込む。

 同市田間の「直(なお)エンジニアリング」(古谷野里香社長、従業員数20人)は非常用発電機の堅牢な外箱作りが本業だ。

 古谷野社長の夫の古谷野喜光専務(51)は、欧米で普及している核シェルターが、日本でほとんど顧みられていない現状に疑問を抱いていた。

 日本は唯一の被爆国として…

この記事は有料会員記事です。残り795文字有料会員になると続きをお読みいただけます。