「男児に正座させ説教」と飲食店から通報 児相は「虐待の兆候なし」

有料会員記事

山田暢史、森下友貴
[PR]

 住宅の床下に男児(5)の遺体を遺棄したとして、埼玉県警は、母親で派遣社員の柿本知香容疑者(30)=埼玉県本庄市本庄3丁目=ら3人を死体遺棄容疑で5日逮捕し、6日送検した。いずれも容疑を認めており、捜査関係者によると「3人で穴を掘って埋めた」と話しているという。

 捜査1課によると、ほかに逮捕されたのは柿本容疑者と同居していた無職の丹羽洋樹(34)と内縁関係にある無職の石井陽子(54)の両容疑者。3人は共謀し1月中旬ごろ、本庄市内の住宅の床下に柿本容疑者の息子の遺体を遺棄した疑いがある。住宅には元々、丹羽容疑者らが住んでおり、昨年1月ごろから柿本容疑者と男児が同居するようになったとみられる。

 本庄市役所から今月2日、「母子家庭の子どもの安否確認ができない」と県警に連絡があった。県警が3人への事情聴取に基づき、住宅を調べたところ、1階和室床下の土の中から仰向けの状態で遺体が見つかった。県警は死亡の経緯を調べている。

 本庄市によると、男児は昨年…

この記事は有料会員記事です。残り385文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら