川除大輝が自身初の金メダル 北京パラ、ノルディックスキー距離

[PR]

 北京冬季パラリンピックは第4日の7日、ノルディックスキー距離男子20キロクラシカル立位で、川除大輝(21)が自身初の金メダルを獲得した。これで日本勢は今大会で計3個の金メダルとなった。

 川除は富山県出身。生まれつき両手足の人さし指と中指がなく、競技中はストックを持たずに雪面を進む。17歳のとき、4年前の平昌大会で初出場。個人3種目に出場して2種目で9位、1種目が10位だった。

 体づくりに専念すると、めきめきと力をつけた。2019年の世界選手権では北京大会と同じ20キロクラシカルで優勝。北京大会の開会式では日本選手団の旗手を務め、日本パラノルディックスキー界で「次世代エース」と期待がかかっていた。