【写真まとめ】隣国への列車、途切れぬ乗客 ウクライナ西部の駅で

ウクライナ情勢

ウクライナ西部リビウ=遠藤啓生
[PR]

 ロシア軍による侵攻が始まって以降、ウクライナから隣国へ避難した人は150万人を超えました。

 6日、気温が0度まで下がったウクライナ西部のリビウ駅。底冷えする寒さのなか、夜になってもポーランドに向かう列車を待つ乗客の列が途切れることはありません。人があふれて駅の構内にも入れない人たちには、ボランティアが温かい食事やスープを提供していました。(ウクライナ西部リビウ=遠藤啓生