ウクライナ侵攻「東アジアで許してはならない」官房長官、台湾念頭に

有料会員記事ウクライナ情勢

西村圭史
[PR]

 松野博一官房長官は7日の記者会見で、中国の今年の国防予算案が前年比7・1%増で過去最大規模となったことを問われ、「長期間にわたり高い伸び率での増加を継続しており、国防費を含む中国の国防政策や軍事力については、その透明性を一層高めていくことが望まれる」と指摘した。

 そのうえで、「今回のウクライナ侵略のような力による一方的な現状変更を、インド太平洋、とりわけ東アジアで許してはならない」と強調。「今こそ国際秩序の根幹を守り抜くため、結束して毅然(きぜん)と行動していかなければならない」と述べた。

 一方で、ウクライナ情勢が…

この記事は有料会員記事です。残り84文字有料会員になると続きをお読みいただけます。