「核戦争は起こさないで」 被爆者がウクライナ侵攻で抗議 仙台市

[PR]

 ロシアのウクライナ侵攻を受け、宮城県原爆被害者の会(はぎの会)会長の木村緋紗子さん(84)=仙台市太白区=が7日、同市内で会見を開き、「怒りと恐ろしさ、怖さを覚えた。絶対許されない。核兵器を使うようになったらどうしよう。核戦争は起こさないで」と抗議した。

 木村さんは8歳の時、広島で被爆。父や祖父ら親族8人を亡くした。この日、ウクライナ国旗と同じ青色のジャケットと黄色のスカーフを身につけ、会見に臨んだ。

 軍事侵攻で離れ離れになるウクライナの親子の姿に報道で触れ、被爆で父らを亡くした自身を重ね合わせたという。「かわいそうだ。子どもは親と別れるのがつらい。気持ちが分かる」と話した。「話し合いで解決していただきたい」と訴えた。

 父が広島で被爆した同会の副会長、林俊江さん(68)=石巻市=も同席。木村さんが代表理事を務める日本原水爆被害者団体協議会日本被団協)が4日に発表した「ロシアのウクライナ侵略を即刻やめることを求める」声明を読み上げた。林さんは取材に「市民を巻き添えにして戦争をするな、という思いが強いです」と話した。

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]