【北京パラ動画リポート】バブル徹底メディアホテル 普段の食事は?

【動画】メディア向けホテル、「バブル」での滞在の様子を記者がリポート=北京パラリンピック取材班撮影
[PR]

 北京パラリンピック朝日新聞取材班は、大会期間中に現地の空気感や面白いと感じたことを映像で皆様にお伝えする企画「北京冬残奥会(パラリンピック) バブル発」を発信しています。

 企画7回目は、ホテルでの日常を紹介します。

 大会期間中、私たちメディアや大会関係者は隔離され、原則としてホテルの外には出られません。取材で競技会場に向かう際は、大会が許可したバスやタクシーを利用します。

 今回、ご案内するのは、クロスカントリーやスノーボードの会場になっている河北省張家口の宿舎です。

 施設内には新型コロナウイルスの臨時検査場があります。私たちを含め関係者は毎日の検査が義務づけられており、忘れるとホテルの部屋で待機させられます。

 「バブル」の中で私たちがどう過ごしているか、映像でご覧ください。