第4回独自の道歩む長男 海外旅した「哲学者」は将来に何を見る

有料会員記事

芳垣文子
[PR]

 「遼馬に会ったら驚くよ」「ひげを生やしているし」。北海道夕張市の大家族、谷口家の10年をたどる取材を始めると、きょうだいたちから口々にこう言われた。遼馬さん(26)は上から3番目、長男だ。

 期待と不安を感じながら、遼馬さんが暮らす家のドアを開けた。ひげをたくわえ、実年齢よりもずっと落ち着いた雰囲気を醸し出す青年になっていた。

連載「夕張・谷口家の10年」(全8回)のページはこちら

 2012年3月、朝日新聞教育面で紹介した北海道夕張市の大家族・谷口さん一家。両親と8人きょうだいのこの10年を、かつて取材した記者が一人一人に再訪しながらたどります。

 幕末の志士にちなんだ名前にふさわしく、8人きょうだいで最も独特で変化に富んだ人生を歩んでいるのが遼馬さんかもしれない。

 10年前は16歳の高校1年…

この記事は有料会員記事です。残り973文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら