第8回母は大学で化学専攻 子育ては化学反応より「ダイナミック」

有料会員記事

芳垣文子
[PR]

 走り回る子どもたちを時に大声で叱りながら、どっしりした体格で構える肝っ玉母さん――。2012年、北海道夕張市の谷口家に取材に入る前、8人きょうだいのお母さんはきっとそんな人だろうと勝手に想像していた。

連載「夕張・谷口家の10年」(全8回)のページはこちら

 2012年3月、朝日新聞教育面で紹介した北海道夕張市の大家族・谷口さん一家。両親と8人きょうだいのこの10年を、かつて取材した記者が一人一人に再訪しながらたどります。

 全く違っていた。4男4女の母鏡子さん(55)は細身の体形。子どもたちとは静かに向き合う。夕張に近い長沼町出身。苫小牧工業高等専門学校を経て北海道大学を卒業した。

 自身は7人きょうだいの末っ子。苫小牧高専3年の時、1年間米国に留学した。北大では工学部応用化学科(当時)で学び、卒論は石炭の液化の研究だった。

 10年前の取材では、早朝や…

この記事は有料会員記事です。残り1343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら