第3回避妊せず性交強いる夫、出産5回 ある日気付いた「DVだったのか」

有料会員記事

伊木緑
[PR]

 「今夜殺されなければ、明日には自由だ」。2020年の夏の夜。関東地方の自宅で夫との性交渉が終わった時、女性(35)は天井を見上げて思った。「まだ夫婦なんだから、当たり前だろ」と、最後の夜まで強いられた。翌日、離婚のため、小学6年生から1歳までの子ども5人を連れて家を出た。

 同い年の夫とは九州の高校時代から交際していた。中退した夫が先に上京し、女性は20歳で追いかけた。「亭主関白なところが好きだった」。妊娠を機に翌年、結婚した。

 だが、週3、4回求められる性交渉を拒めば、たちまち機嫌が悪くなり、暴言を吐き、物に当たった。それは結婚前から変わらなかった。

 夫の親族が営む小さな会社に夫婦で勤めていたため、朝から晩まで一緒だった。夫は家事や育児を一切せず、家ではソファでゴロゴロするだけ。「自分さえ我慢すれば、子どもたちが危害を加えられることはない」。夫の言いなりで体を差し出すことに、次第に心が麻痺(まひ)した。

 避妊を頼んでも、一度もしてくれなかった。上の子2人と下の子3人は年子。一度は流産もした。2人目と3人目の間でたまたま数年妊娠しなかったため、自分は妊娠しにくい体質だと思い込み、避妊についてはあまり深く考えていなかった。

性や生殖の話題を口にしづらい日本。妊娠や出産、育児の決断や責任は女性に偏りがちで、女性自身も社会の規範にとらわれ、生き方を自由に描けずにいます。自分の体は自分のもの。悩み、選び、踏み出した人たちに取材しました。

「オレから離れられないよな」

 妊娠中も女性の体調が良けれ…

この記事は有料会員記事です。残り2281文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    伊木緑
    (朝日新聞記者=スポーツ、ジェンダー)
    2022年3月11日6時48分 投稿
    【解説】

    筆者です。勇気を出して取材に応じてくださった女性に心から感謝しています。自分と同じような目に遭っている人がたくさんいることや、自分が受けているのはDVだと知った時は驚いたといい、こうして記事にすることでいま被害を受けている方にも気づくきっか

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]