キエフを「キーウ」に、表記広がる 以前からウクライナが問題提起

有料会員記事ウクライナ情勢

宮谷由枝
[PR]

 ウクライナの首都キエフを「キーウ」と表記する例が、SNSやメディアで広がっています。なぜなのか、背景を探りました。

ウクライナ政府から要請、きっかけは

 現在、日本国内で広く使われている「キエフ(Kiev)」は、実はロシア語の発音に由来したもの。一方、「キーウ(Kyiv)」はウクライナ語の発音に近い。

 2月24日にロシアの侵攻が始まって以降、英インディペンデント紙は「Kiev」の表記を「Kyiv」に改めた。ツイッター上でも、「キーウ(キエフ)」と併記する投稿が増えるなどしている。

 国際ウクライナ学会日本支部であるウクライナ研究会の会長を務める神戸学院大学の岡部芳彦教授によると、1991年にソ連が崩壊した後、「Kyiv」が正式名称として採用されたものの、一般的にはロシア語由来の「Kiev」が長く定着していた。

 ところが、2014年、ロシ…

この記事は有料会員記事です。残り937文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら