薄利多売の出版業界に一石 ミシマ社代表がめざす商慣習アップデート

有料会員記事

川村貴大
[PR]

 書店が出版社から直接本を仕入れる際、クレジットカードで決済できるサービスを、出版社「ミシマ社」代表の三島邦弘さんが代表を務める会社「一冊」が1月に始めた。出版社が「取次」と呼ばれる卸業者を介して本を流通させるのではなく、書店と商品や代金を直接やり取りする場合の、精算の煩雑さを解消できるという。「商慣習のアップデートをやりたい」と三島さんは語る。

 国内の出版流通では、取次を介した販売ルートが主流だ。取次は書籍や雑誌を出版社から仕入れて全国の書店に卸し、代金を回収して出版社に支払う。書店からの返品も、取次を介して出版社に返される。

 一方で、取次を介さない「直取引」での販売を重視する出版社もある。ミシマ社もその一つだ。

 2006年にミシマ社を設立して独立するまで、別の出版社に勤務していた三島さんは、大量に作った本を不特定多数の読者に向けて出荷し、結果的に大量の返品を生み出す出版流通の仕組みが、人口減少社会のなかで限界を迎えていると感じてきた。

 「業界の構造は薄利多売で…

この記事は有料会員記事です。残り1087文字有料会員になると続きをお読みいただけます。