第13回土日部活で残業過労死ライン超え サッカー部教諭、彼女にも会えない

有料記事

高浜行人
[PR]

 日曜日、午前6時半。

 首都圏の公立高校のグラウンドに、男性教諭(35)の姿があった。

 サッカー部の副顧問。地域の大会が自校で開かれるため、準備のために出勤したのだ。

 同年代の正顧問と一緒に得点板を出し、ボールを点検する。他校の先生や生徒のため、飲み物も用意する。

 試合では審判も務め、90分間走り回る。

 けが人が出ないよう細心の注意を払い、生徒が痛がれば駆けつける。

 ハーフタイムにはボールの消毒があり、水分補給にも目を配る。

 終わった後は片付けに追われる。夕方までほぼ休憩はなく、終わる頃にはくたくたになる。翌日には授業が控えている。

 男性の高校は設備が整い、試合が頻繁に開かれる。

 そのたびに10時間近く働くが、手当は5300円。時給にすると、600円に満たない計算になる。

 「これだけやっているのに、さすがにおかしい」と感じる。

 ただ、部活動を巡る「おかしさ」はそれだけではない。

土日も試合や練習で休めない。それでも、生徒の思いに応えたい。できることは全力でやってきたと語る男性に、ある不安がよぎります。

完全に休めたのはたった1日

 文部科学省が禁じているはず…

この記事は有料記事です。残り1917文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    内田良
    (名古屋大学大学院教授=教育社会学)
    2022年3月20日18時55分 投稿
    【解説】

    産業医からの言葉「先生方は、何で部活動を勤務時間内にやらないんですか?」は、部活動問題を象徴する問いかけです。学習指導要領として「自主的な活動」に位置づけられており、強制的に実施するものではない。ましてや、土日を費やしてまで指導するものでも

連載いま先生は(全21回)

この連載の一覧を見る