温度管理ミスのワクチン接種、80代女性が2日後死亡 因果関係不明

新型コロナウイルス

笠原雅俊
[PR]

 高知県土佐清水市は7日、温度管理ができていなかった新型コロナウイルスワクチンを接種された80代の女性が、接種2日後に死亡したと発表した。女性には基礎疾患があった。保管温度の影響や接種と死亡との因果関係は不明という。

 同市によると、高齢者らへの3回目接種で、保管温度が適正でなかった米モデルナ製ワクチンを1月28日から3月1日までに計1809人に接種した。市庁舎にある専用冷凍庫の電源が一時切れていたという。

 女性は2月14日にこのワクチンを接種し、16日に死亡した。死因は急性心筋梗塞(こうそく)の可能性があるという。他には体調不良の訴えは寄せられていないという。

 女性の遺族は死亡一時金などの支払いを求め、国の予防接種健康被害救済制度に基づき、3月4日付で市に救済を申請した。医師らで構成する「市予防接種健康被害調査委員会」を開き、接種と死亡の因果関係を審議する。(笠原雅俊)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]