偽版画の制作販売、画廊の元代表に有罪判決 東京地裁

有料記事

新屋絵理
[PR]

 著名な日本画家の偽版画を制作・販売したとして、著作権法違反の罪に問われた画廊「かとう美術」(大阪市)の元代表・加藤雄三被告(53)の判決公判が9日、東京地裁であった。小林謙介裁判長は「主導的立場で、複製や販売をして利益を得るまでの全ての過程を掌握していた」と述べ、懲役3年執行猶予4年、罰金200万円(求刑・懲役3年、罰金200万円)を言い渡した。

 判決によると、加藤被告は北畑雅史被告(68)=同罪で起訴=と共謀して、日本画家・東山魁夷の版画を著作権者に無断で複製して販売した。

 判決は、犯行が長期間にわたり「職業的、常習的」に行われたと指摘。「偽版画は極めて精巧に作られ市場に流通し、著作権者の利益を大きく害した」と述べた。一方、被害回復に努めていることなどを考慮し執行猶予とした。

弁護側 「美術品の偽物、めずらしくない」

 加藤被告は1月の初公判で起訴内容を認め、「著作権者をはじめ業界や購入者などにも多大な迷惑をかけた」と謝罪した。「一度に大量に流通させると偽物とわかるため少しずつ売っていた」と流通量を調整していたことなども明かしていた。

 冒頭陳述などによると、加藤被告は2007年ごろ、北畑被告に版画作品の修復作業を依頼した。出来が良かったことなどから、翌年から有名版画の複製を頼んだという。

 北畑被告は自身の版画工房の経営が悪化していたことから、1作品あたり数十万~100万円で引き受けたという。

 20年ごろから画廊経営者らの間で偽版画販売などの疑いが強まると、加藤被告は北畑被告と通じて、保管していた偽版画約100枚を焼却して証拠隠滅もはかったという。

 検察側は論告で「作品の価値…

この記事は有料記事です。残り164文字有料会員になると続きをお読みいただけます。