ロシアの高圧的姿勢、停戦協議進まず ウクライナに分厚い要求文書

有料記事ウクライナ情勢

[PR]

 ロシアのウクライナ侵攻をめぐる3回目の停戦協議は、戦闘地域から住民を避難させる「人道回廊」については一定の前進があったが、停戦には合意できなかった。ロシアは民間人も巻き込む攻撃を加えながら、停戦条件をつり上げており、全面降伏以外は認めない構えだ。抵抗を続けるウクライナ側は、いらだちを募らせている。

 「分厚い書類を持ってきた。可能と思われる項目だけでも調印したかったが、ウクライナ側が持ち帰ってしまった」

 7日の停戦協議終了後、ロシア代表団のメジンスキー大統領補佐官は記者団に不満を述べた。

 だが、ウクライナ側のポドリャク大統領府長官顧問は「大きな進展がなかった」と説明した。自国がのめない要求文書を、ロシア側から突きつけられたとみられる。

 停戦協議が進まない最大の理…

この記事は有料記事です。残り1328文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。