暗号資産に日米欧で包囲網 対ロシア制裁の「抜け道」封じ 価格は

有料会員記事

西尾邦明、吉田貴司、稲垣千駿
[PR]

 政府は8日、ロシアに対する経済制裁の抜け道になりかねないと指摘されている暗号資産(仮想通貨)について対策を講じる方針を明らかにした。同様な検討を進めている米欧と足並みをそろえる。

 金融庁によると、制裁対象者の暗号資産の取引を停止するルール作りなどを検討しているという。国内のすべての暗号資産交換業者が加盟する「日本暗号資産取引業協会」と対策を協議している。鈴木俊一財務相兼金融相は8日の閣議後会見で、「国際社会と緊密に連携をしながら経済制裁の実効性の確保に努めたい」と話した。

 米欧は2月26日、ロシアへの制裁として、国際的な決済システムである「国際銀行間通信協会(SWIFT)」からロシアの大手銀行を排除することで合意。ロシアからの海外送金を難しくすることで、ロシア経済に打撃を与える狙いがある。しかし、暗号資産は、個人が送金し合う場合には事実上規制がかけられないため、制裁の抜け道になるのでは、との指摘がある。

 そこで、米国や欧州も規制強…

この記事は有料会員記事です。残り600文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら