ロシア語と英語で平和訴え 原爆ドーム前でキャンドルメッセージ

有料会員記事ウクライナ情勢

岡田将平、宮城奈々
【動画】祈りの火 戦地へ届け 原爆ドーム前でキャンドルメッセージ=上田潤撮影
[PR]

 「NO WAR」「NO NUKES」「НЕТ ВОЙНЕ」。ロシアのウクライナ侵攻を受け、戦争反対や核兵器廃絶を英語とロシア語で訴えるキャンドルメッセージが8日夕、広島市原爆ドーム前に浮かび上がった。市民団体「核兵器廃絶をめざすヒロシマの会」(HANWA)が企画。平和への願いをこめ、1300本のロウソクに火をともした。

 約100人が参加し、核廃絶を訴えてきたHANWA顧問の森滝春子さん(83)も1本ずつ点火。あいさつで、ロシアによる原発への攻撃に触れ、「核兵器を使われたに等しいことが起こり得る。これまで訴えてきたことが、現実の様相になろうとしていることに身の毛もよだつ気がしている」と語った。

 キャンドルを前に「原爆で殺された人だけではなく、ウクライナの人々、ロシアの兵士の命、あらゆる戦争の犠牲になった人々の魂のゆらめきを感じる」と話した。

 広島県原爆被害者団体協議会の佐久間邦彦理事長(77)もマイクを握り、核兵器使用をちらつかせるプーチン大統領の行動について「いっぺんに私たちの考え方を踏みにじった。世界の声を一つにして、核兵器のない世界をめざしてがんばっていこう」と語った。

 「他の誰にも二度と原爆の苦しみを体験させてはならないと訴える被爆者と核兵器の廃絶を求める市民の声が、今こそ求められている」とする声明文も読み上げられた。

 原爆ドーム前で7日には、ロ…

この記事は有料会員記事です。残り276文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら