くたびれた200円のウルトラマン 息子が「連れて帰る」と言った訳

有料会員記事

若松真平
[PR]

 3月6日の夕方、岩手県在住のしろつさんはリサイクルショップにいた。

 家族で買い物をした後、ふらっと立ち寄った店だった。

 一緒にいた息子のはるた君(4)は、ソフトビニール製の人形に目がとまったようだ。

 塗装がはげてボロボロになったウルトラマン

 税込み200円で売られていた。

 しろつさんは以前立ち寄った際に、その人形を見かけていた。

 なので「あ、またあった」ぐらいにしか思わなかった。

 他に掘り出し物もなかったので、はるた君に「帰ろうか」と声をかけた。

 すると、先ほど見つけた200円のウルトラマンを「連れて帰りたい」と言う。

 「ボロボロだけどいいの?」と尋ねると、予想外の理由を説明してくれた。

 「だって、このウルトラマン…

この記事は有料会員記事です。残り1099文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら