世界に挑む「かなだい」 大ちゃんファンはどう思う? 重圧を楽しむ

有料会員記事

坂上武司
[PR]

村元哉中物語(下)

 「大ちゃんがアイスダンスに興味がある」――。

 2019年1月、その話を聞いた村元哉中(かな)は高橋大輔に連絡をとってみた。

 「本人に直接は聞いていなかったので、直接聞いてみようっていう思いでした」と村元は言う。

 実は伏線はあった。

 18年にクリス・リードさんとカップルを解消した後、村元はパートナーを探していた。そんな時、アイスショーのために14年ソチ五輪金メダルのメリル・デービスさんとチャーリー・ホワイトさんのカップルが来日。その際、村元の恩師の浜田美栄コーチがデービスさんらと話している中で、「哉中はどうしてる?」となった。

 浜田コーチが「相手を探している」ということを告げるとデービスさんは言った。

 「大輔がいるじゃない」

 そんな流れから高橋に19年1月に連絡をとり、5月にも話をして、7月――。

 高橋が主演するアイスショー「氷艶2019」の練習が行われていた新潟のリンク。村元はキャストの一人として参加していたが、一度試しに滑ってみようという話になっていた。早朝、高橋がアイスダンスの靴を用意して待っていた。

 高橋からすると、アイスダンスは昔から好きで、男子の競技の合間に見ていたほど。けれど、相手がある競技はほぼ初めて。村元と試しに滑った後、高橋は村元にこう言ったのだという。

「相手はあの大ちゃんですから」。村元が母に語ったこととは。

 「すごく難しい。でも、楽し…

この記事は有料会員記事です。残り1517文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]