第3回二重計上の取材後、役所内でメールが飛び交った 確信もち原稿執筆へ

[PR]

 国土交通省への直接取材を行った3日後。2021年8月20日。同省から総務省へ何通かのメールが送られていた。

 添付されていたのは「取材対応概要メモ」だった。

 新聞記者から、調査票の合算処理や二重計上について指摘された▽回答として「ダブルカウント(二重計上)による影響は微々たるものという認識」「実態として数値が分からない以上、調べることは困難」と伝えた――。こんな内容だった。

 調査票というのは、建設業者が受注額を毎月記入し国交省に提出する紙。つまり、同省が長年にわたり無断で書き換えていた、そのもののことだ。

 メールには、会計検査院が書き換え行為を問題視し、調査していることをうかがわせる内容も記されていた。

     ◇

 朝日新聞が昨年12月に報じた国土交通省による統計不正のスクープは、結実するまでに半年の時間を要しました。あまり明かされることがない新聞記者の「調査報道」の裏側を、ぎりぎりまで公開します。連載の3回目です。

「報道されても国交省の方で淡々と」

 受信した総務省側では、職員…

この記事は有料会員記事です。残り2135文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら