桜のワンダーボーイ? セレッソの17歳「点取って、初めてすごい」

有料会員記事

金子智彦
[PR]

 桜のワンダーボーイ――。3月初め、SNS上にこんな文言が躍った。

 J1セレッソ大阪の17歳、FW北野颯太(そうた)が3月2日のルヴァン杯1次リーグ第2節、鹿島アントラーズ戦でプロ初ゴールを決めた。左クロスをスペースで受け、背にしたDFを素早い反転ではがし、GKのニアサイドを右足で射抜いた。

 「うれしい気持ちとホッとした気持ちです」とはにかんだ高校2年生は、この試合のわずか5日前にプロ契約を結んだばかりだった。17歳6カ月17日での得点は大会史上4番目の若さで、セ大阪では南野拓実リバプール)を抜く最年少記録になった。

 元祖ワンダーボーイといえば…

この記事は有料会員記事です。残り697文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら