BTSメンバーも手に押す赤い判子 インスタで拡散「認証ショット」

韓国大統領選挙2022

太田成美
[PR]

 韓国の芸能人がSNSにアップするマーク。「卜」の文字の赤い判子を手に押している。実はこれ、9日に投開票される大統領選の投票に使われるものだ。

 人気グループBTSのメンバーのJ―HOPEとRMが5日、自身のインスタグラムに、この赤い判子を押した手や、マークを添えた写真を載せた。韓国大統領選の投票用紙は日本のように自筆はしない。候補者の名前が既に印刷されており、投票したい候補の欄にこの判子を押す仕組みだ。

 4~5日には期日前投票が行われた。若者の間ではこの判子を投票用紙に押した後、自分で手の甲にも押してSNSに載せることを「認証ショット」と呼ぶ。2人も投票済みであることをファンにアピールし、投票を呼びかけたようだ。

 文字は漢字の「卜(ぼく)」を表す。当初は判子に文字はなく、丸だけだった。だが投票用紙を半分に折りたたんだ時に反対側にもインクがついてしまい、無効票がしばしば出た。区別がつくように1992年には丸の中に文字を入れることにし、94年から、反対側にインクがついても判別しやすい左右非対称の「卜」の字が導入されたという。

 中央選挙管理委員会によると、今回は期日前投票で1632万人が投票した。全有権者の36・93%で前回より10・87ポイント高く、過去最高を記録した。与野党の接戦が予想される今回の大統領選は、無党派層の多い30代以下の投票行動が結果を左右するとされており、投票率も注目されている。(太田成美)

  • commentatorHeader
    蟹江憲史
    (慶應義塾大学大学院教授)
    2022年3月10日2時5分 投稿
    【視点】

     この投票方法や、人気グループの行動は、日本にも大いに参考になると思います。今のままの投票率では、国民の声が国会に反映されているとは言えません。本気で投票率を向上させるヒントとしてもらいたいところです。