「支えられた私、今度は支える」 震災遺児ら癒やすレインボーハウス

有料会員記事

宮脇稜平
[PR]

 岩手、宮城、福島の3県で1800人(厚生労働省調べ)が遺児や孤児になった東日本大震災。遺児らの心のケアのため、あしなが育英会(東京)が仙台市宮城県石巻市岩手県陸前高田市に設けた活動拠点「レインボーハウス」は震災から11年になるいまも、遺児やその家族を支え続けている。

震災で支えられ、今度は支える側に

 陸前高田市出身の大学2年、新田佑さん(20)は昨秋、交通事故や病気で親を失った子どもたちが集まる東京都日野市の「あしながレインボーハウス」にいた。訪れた幼い兄妹とトランプや卓球で遊びながら、少しずつ会話を増やしていく。「無理に距離を詰めず、少しずつ打ち解けるように」。2人の表情は次第に和らいでいった――。

 新田さんは震災時、小学3年生だった。陸前高田市内の学校にいて難を逃れたが、母牧恵さん(当時36)と妹の琳(りん)さん(当時6)、麗(れい)さん(当時4)は津波で亡くなった。震災直後、家族3人を突然失ったことを頭では理解していたが、受け止められなかった。父(58)も悲しみに押しつぶされ、息子を気遣う余裕を失っていた。

 そんな新田さんを救ったのが、あしながの活動だった。震災の3カ月後、岩手県内の温泉地に行った。まわりはみんな親を亡くした子どもたち。それを職員らも知っている。気兼ねなく遊べて屈託なく笑えた。

 陸前高田市にハウスができると通うようになり、「父と2人だけだった世界が外に広がった」。

 職員や友達と家族を亡くした痛みを語り合ううちに、「忘れよう、逃げよう」という姿勢が変わった。「悩みが共有でき、苦しいのは自分だけじゃないと前向きになれた」と言う。

 中学生になると年下の遺児が増えて「今度は支える側に」と思うようになる。大学生になった遺児がハウスの運営を手伝いに来ている姿を見て、「将来は自分でつくれる」と勇気づけられもした。

 高校卒業を機に上京。いまは大学で学びながら、日野市のあしながの寮で暮らし、活動を手伝っている。コロナ禍で遺児の集いができない代わりに、励ましのビデオメッセージを作成する。卒業後は遺児を支える仕事がしたいと思っている。「喪失体験を語る難しさを経験したからこそ、彼らに寄り添うことができる」

心のケア、親にとっても

 レインボーハウスは、親の居…

この記事は有料会員記事です。残り1132文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら