ゲルギエフ氏降板で考える、ロシア芸術と政治 「二つの仮面」の宿命

有料会員記事ウクライナ情勢

編集委員・吉田純子
[PR]

 ロシアのウクライナ侵攻が、クラシック音楽の世界にも深刻な影響を及ぼしている。プーチン大統領との関係が深い世界的指揮者のワレリー・ゲルギエフ氏は国外のほぼ全てのポジションを失い、他の多くのロシア人音楽家までが演奏の場を奪われかねない事態に陥っている。ロシアという国固有の政治と芸術の特殊な関係性も、こうした世界の流れを加速させている。

 ゲルギエフ氏は、帝政時代に起源を持つマリインスキー劇場の芸術監督兼総裁を務める、現代のロシアで最も影響力のある芸術家だ。軍事侵攻が始まった2月24日、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によるニューヨーク公演の降板が発表された。ミラノ・スカラ座も同氏に公演の降板を要求、スイスの音楽祭の音楽監督やミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者の職も解かれた。

 所属事務所の社長も2月27日、同氏の解雇を発表した。「あらゆる芸術は政治的だが、あらゆる芸術家が政治家であるとは限らない」と踏まえつつ、「戦争を起こした独裁政権に、直接的にも間接的にも利することを知りながら、拒絶の意を示さない芸術家にプロ(のマネジメント)としてこれ以上奉仕することはできない」との声明で立場を明確にした。

 プーチン氏のウクライナへのこだわりは、芸術へのコンプレックスに近い崇拝に導かれた、ゲルギエフ氏との友情関係の中に透けて見える。ウクライナはピアニストのホロビッツ、ギレリス、バイオリニストのミルシテインら、数多くの大芸術家が輩出した芸術の国だ。なかでも首都キエフは、「9世紀にキエフ大公国が成立して以降、ロシアとウクライナの双方を含む東スラブの文化芸術のアイデンティティーの根源で、ロシア人の精神的支柱でもあり続けてきた。日本における平城京平安京のような存在」と音楽評論家片山杜秀さんは指摘する。

 2014年のソチ五輪の開会式と閉会式は、ゲルギエフ氏の率いる豪壮なオーケストラやピアノの響きに彩られた。しかし奇(く)しくも大会終盤、ウクライナで親ロシア派の政権が崩壊し、大統領が亡命するという事態が起きる。

 現地にいたロシア文学者の亀…

この記事は有料会員記事です。残り1337文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら