河村市長「金メダル、見んようにした」 五輪で金の野球投手に賞状

関謙次
[PR]

 名古屋市河村たかし市長は9日、昨年の東京五輪の野球で、金メダルを獲得したプロ野球・中日の大野雄大投手(33)に市スポーツ栄誉賞を贈呈した。昨年8月、ソフトボール選手の金メダルをかじって批判を浴びた河村氏は、大野投手との面会後「(金メダルを)あんまり見んようにしとった」と話した。

 河村氏は市役所であった贈呈式で、大野投手に賞状を手渡し、記念撮影した。その後の歓談では「(プレーを)派手にやってちょう」と激励した。

 河村氏は、大野投手との面会後、報道陣の取材に応じた。「金メダルを持参してくれたが」と問われ、「あんまり見んようにしとった」と回答。「何か気を使ったのか」と重ねて問われると、「いやいや、まあ別に。目にまぶしいもん」と話した。

 河村氏は昨年8月、表敬訪問したソフトボール選手から首に金メダルをかけてもらった際、メダルをかじった。この行為で市役所には苦情が寄せられ、河村氏自身も同年末まで対外的な行事への参加を自粛するなどした経緯がある。(関謙次)

  • commentatorHeader
    井本直歩子
    (元競泳五輪代表・国連職員)
    2022年3月9日23時51分 投稿
    【視点】

    ここで、前回の表敬訪問の行動の何がいけなかったのか、何を反省しているかをハッキリと言えていれば少しは気持ちが癒えたのですが。なぜ「まあ別に」とお茶を濁すのでしょうか。反省している姿勢がまったく感じられません。 個人的には、金メダルを噛