チェルノブイリ原発、外部からの電源供給停止 占拠され修理不可能か

松尾一郎
[PR]

 ウクライナ電力会社ウクルエネルゴは9日、1986年に爆発事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所への電力供給が途絶えていると明らかにした。インタファクス・ウクライナ通信などが伝えた。送電線が損傷しているが、同原発はロシア軍が占拠しており、修理を開始できないという。

 同原発には大量の使用済み核燃料が保管されている。同電力会社によると、外部からの電力供給が絶たれた場合の非常用発電機のディーゼル燃料は48時間分だという。冷却機能が失われれば、放射性物質が漏洩(ろうえい)して欧州全体に影響を及ぼす可能性があると警告している。

 一方、国際原子力機関(IAEA)は同日、公式ツイッターで「安全性に重大な影響は見られない」との見方を示した。使用済み核燃料プールの冷却水の量などから、電力供給がなくても「熱の除去に十分」とみられるという。松尾一郎