米、ウクライナへの戦闘機提供を断念 ロシアとの緊張高めると判断

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=高野遼 ワシントン=高野遼
[PR]

 米国防総省のカービー報道官は9日、ポーランドが保有する旧ソ連製の戦闘機をウクライナに提供する計画への関与を断念する考えを表明した。ウクライナへの侵攻を続けるロシアとの緊張を高めるリスクが高いと判断したという。

 オースティン米国防長官が同日、ポーランドの国防相と協議し、米政府として戦闘機を提供する計画を「支持しない」と伝えた。ウクライナは戦闘機の提供を強く求めてきたが、これで計画は白紙となった。

 米国とポーランドの間で、ポーランドが保有する旧ソ連戦闘機「ミグ29」をドイツにある米軍基地に移してからウクライナに送る計画が検討されていた。だが双方とも、ウクライナへの提供役を担うことがロシアの反発を呼ぶと懸念し、具体的な運搬ルートを決められずにいた。

 カービー氏によると、戦闘機…

この記事は有料会員記事です。残り492文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら