米報道官「生物化学兵器に警戒を」 ロシアの主張は「策略」と一蹴

ウクライナ情勢

[PR]

 米ホワイトハウスのサキ報道官は9日、「ロシアがウクライナで生物化学兵器を使う可能性を警戒すべきだ」とツイッターで投稿した。

 サキ氏は「米国がウクライナで生物化学兵器の開発をしているという虚偽の主張をロシアがして、中国もこうした陰謀論に同調している。これは明らかに、周到に準備した理不尽な攻撃を正当化するための策略だ」と指摘した。そのうえで「ロシアがこうした虚偽の主張をして、中国もこのプロパガンダを承認しているように見える以上、我々はロシアがウクライナで生物化学兵器を使うか、(相手が使ったように見せかけて使う)偽旗作戦の可能性を警戒すべきだ」と訴えた。

 国防総省のカービー報道官も9日の会見で、米国がウクライナで生物化学兵器の開発をしているというロシアの主張を「ばかげている」と否定した。さらに、「自分たちがやろうとしていることを相手がやったと非難し、自分たちを被害者のように見せようとするのは、ロシアがこれまでもやってきた策略の一つだ」と述べ、ロシアが生物化学兵器の使用を正当化するための策略である可能性があるとの見方を示した。