ウクライナ情勢で価格高騰 首相「追加対策を準備」 食品業者らに

有料会員記事岸田政権ウクライナ情勢

笹山大志
[PR]

 ロシアによるウクライナ侵略で原油や原材料費の価格が高騰するなか、岸田文雄首相は10日、都内で、食品企業経営者らとの車座対話に臨んだ。終了後、首相は記者団に「食品関連産業は新型コロナとウクライナ情勢による影響のダブルパンチに見舞われ、きめ細かな対応が必要だ。追加の対策について引き続き準備する」と述べた。

 車座には、すしチェーン「すしざんまい」の木村清社長ら7人が参加。食品メーカーの経営者らは「主要原料の油脂バター、小麦は穀物相場とリンクしているが、かつて経験したことがない上がり幅となっている。穀物を奪い合う状況は続く」などと訴えた。

 水産卸業者も悲鳴をあげた…

この記事は有料会員記事です。残り212文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら