日商トップに初の商社出身者 三菱商事の小林氏就任へ

有料会員記事

友田雄大
[PR]

 日本商工会議所は10日、三村明夫会頭(81)=日本製鉄名誉会長=の後任に、三菱商事の小林健会長(73)を内定した。日商トップに商社出身者が就くのは初めて。11月の臨時会員総会で正式決定する。長引く新型コロナ禍や原材料・エネルギー価格の高騰など、厳しさを増す経済環境での手腕が期待される。

 日商は全国の中小企業をとりまとめ、政策提言や調査を行う。日商会頭は、東京商工会議所の会頭が兼任するのが慣例で、東商が10日、11月に小林氏が同所会頭に就くと発表した。任期は1期3年で、通例では2期務める。

 小林氏は1971年、三菱商…

この記事は有料会員記事です。残り433文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら