3・11当時の菅直人元首相「私も原発楽観論者だった」

[PR]

 東京電力福島第一原発事故の発生から11日で11年となる。当時、首相として事故対応に当たった菅直人衆院議員(立憲民主)がインタビューに応じ「事故前は日本の技術は高いと楽観論者だったが、間違っていたと自覚した」と語った。原発利用は安全保障上も問題があるとし、「営農型太陽光発電」推進でエネルギー転換をするよう主張した。

 インタビューは2日に国会内で福島放送と行った。

 当時の事故対応は厳しく批判された。菅氏は政府と東電に事故発生時の情報共有や避難の備えができていなかった問題に触れ、「色々な悲劇が起きた。病院のお年寄りを避難させようとしたが、バスの中でかなりの方が亡くなられた。ものすごく申し訳ないと思っている。最初の避難指示では風の方向まで考慮に入れられず、高い放射線に当たった人も出た」と反省を口にした。

 毎年、事故現場を訪れるとい…

この記事は有料会員記事です。残り759文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]