10代男性2人が海に転落 搬送時、心肺停止状態 千葉・市川

[PR]

 10日午後2時ごろ、千葉県市川市塩浜の海に、10代の男性2人が転落した。2人は搬送時、心肺停止状態だったという。

 県警によると、同日午後2時すぎ、「友人が相撲をしていて、3メートルの高さから海に落ちた」と110番通報があった。転落した2人は高校生とみられ、1人は岸から50メートルの海上で、もう1人は岸から25メートル離れた海中で見つかった。

 現場は「塩浜三番瀬公園」の近く。コンクリートに覆われた排水管が海に突き出しており、その台状の部分から海に転落したとみられる。当時、2人を含め、10代の男女9人が周辺にいたという。県警が転落時の状況を調べている。

     ◇

 転落した男性2人のうち1人について、事故当日の10日に死亡が確認されたと報じましたが、誤りでした。23日の千葉県警行徳署への取材によると、2人のうち1人は20日に死亡が確認され、1人は意識不明の重体です。捜査関係者への取材に基づき報じましたが、確認が不十分でした。おわびして訂正します。