0.7ポイント差の政権交代 文政権への「ノー」、民意真っ二つに

有料会員記事韓国大統領選挙2022

ソウル=神谷毅
[PR]

 当落の判明が10日未明にずれ込んだ韓国の大統領選は、得票率の差が約0・7ポイントとわずかだった。1987年の民主化以降の大統領選では最も僅差(きんさ)の決着。有権者を二分した大接戦の背景を探ると、韓国社会の根底にある幾重もの対立と分断に行き着く。

 中央選挙管理委員会によると、得票率は当選した保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユンソクヨル)前検事総長(61)が48・56%で、進歩(革新)系与党「共に民主党」の李在明(イジェミョン)前京畿道知事(57)が47・83%。KBSテレビなど韓国メディアが「当確」を報じたのは、10日午前3時を過ぎてからだった。

 「韓国における、新旧の対立という対立が全て出た大統領選だった」

 一時は「国民の力」の選対トップを務め、その後尹氏とたもとを分かった金鍾仁(キムジョンイン)氏(81)は読み解く。保革の政党を渡り歩いて大統領当選や政権維持を成功させ、政界の「キングメーカー」と呼ばれる。

 かねての地域対立は今回も現…

この記事は有料会員記事です。残り740文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら