アサリ工場などに認証制、流通ではQRコード活用 熊本県が偽装対策

有料会員記事

長妻昭明
[PR]

 外国産のアサリが「熊本県産」として出回っていた問題をめぐり、熊本県は10日、県産アサリを産地偽装のアサリと流通過程で区別するため、砂抜きなどをする工場と販売店を認証する仕組みをつくると発表した。

 停止している県産活(い)きアサリの出荷は4月中旬にも再開する。この日、漁業関係者や弁護士らでつくる「県産アサリブランド再生協議会」の第2回会合を熊本市内で開き、説明した。

 海外産と混入しやすい砂抜きや選別の作業は、県漁連が認定する工場で限定して行う。認定工場では加工後にネット詰めされたアサリが開封されないように、アサリ1キロを規格の袋に詰める。その後、県がモデル的に認証する県内外の販売協力店が小分けして販売するという。

 6月以降は、QRコードで流通業者と販売店、消費者が産地証明書をすぐに確認できるデジタル化に取り組む。消費者はスーパー店頭で掲示されたQRコードを読み込むことで、産地や出荷日を確認できるという。QRコードを活用した仕組みは青森県産のシジミで2008年から取り組まれており、過去の取引をすぐに追跡できる。

 委員からは、小売店で県産ア…

この記事は有料会員記事です。残り233文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら