• アピタル

体温下げるため、排尿も排便も変えた 障害アスリートのコロナ対策

有料会員記事

遠藤隆史
[PR]

 競技で競う前に、まず大会に出られるのか、練習のスタートラインに立てるのかさえわからなかった。

 北京パラリンピックに出場しているアルペンスキー森井大輝(41)の前には、新型コロナが立ちはだかっていた。

 コロナ下で発熱すると外出を控える必要がある。森井の平熱は37・3度ほど。障害の影響で高止まりしていた。

 排尿時に使うカテーテルを通して細菌が侵入し、膀胱(ぼうこう)炎を慢性的に起こしているような状態になっていた。

 大会に出るにも練習するにも、「何とか発熱を抑えないといけなかった」。

 2006年のトリノ大会から4大会連続で銀メダルを獲得。41歳で迎えた今大会は悲願の金メダルに挑む舞台だ。

 平熱を下げるために取り組ん…

この記事は有料会員記事です。残り683文字有料会員になると続きをお読みいただけます。