3年ぶりの「桜の通り抜け」4月13日から 受付開始は3月14日

堀之内健史
[PR]

 造幣局は11日、春の風物詩「桜の通り抜け」を4月13~19日に実施すると発表した。昨年と一昨年はコロナ禍で中止したため、実施は3年ぶり。感染予防のため、30分あたり1200人に人数を制限し、期間中に約17万人の来場を見込む。

 南門から入り、北門まで約560メートルの遊歩道に138種計335本の桜が並ぶ。各日、時間ごとの先着順で、3月14日から同局ウェブサイト(https://sakura2022.mint.go.jp/pages/690/GOUzVAiOzr別ウインドウで開きます)に設ける専用ページで申し込みを受け付ける。問い合わせは、電話(050・5548・8686)。

 担当者は「人数制限はあり、まだ自由にとはいかないが、ぜひ楽しんで」と話した。(堀之内健史)