村岡桃佳、アルペン大回転座位でも金メダル 北京パラで三つ目

[PR]

 北京冬季パラリンピック第8日は11日、アルペンスキー女子大回転座位で村岡桃佳(25)が優勝した。今大会は滑降、スーパー大回転で頂点に立っており、これで計3種目を制覇した。前回2018年平昌大会と合わせ、冬季大会の日本選手で単独最多の四つ目の金メダルとなった。

 村岡は1回目で首位と1秒04差の2位につけると、2回目は全体トップタイムの滑りで逆転した。平昌大会では金1個を含む5個のメダルを獲得。冬季大会での日本選手の最年少金メダルに輝き、一つの大会のメダル獲得数で日本勢の史上最多を記録していた。